Latest Entries

沖縄の新聞

とある界隈ではチョー有名な沖縄の新聞、

「沖縄タイムズ」と「琉球新報」

なりふり構わぬ反日親中の記事が目白押しで、
当事者ではない読者に失笑と爆笑を提供してきた新聞界のビッグネームです。

今回、それに対抗して「中立公正な報道の実現」を掲げて

「八重山日報」

が沖縄に殴りこみをかけたようです。

----------------------------------------------------------------------
沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴

 沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。
「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。
沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。

 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。

 「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の飢餓感』にさいなまされていると実感した。」
八重山日報の仲新城誠編集長(43)はそう語る。

続き → 産経ニュース

----------------------------------------------------------------------

翁長知事の当選、オール沖縄を叫び続けても何も言わない県民。

そんなのを見てたので沖縄県民は沖縄タイムズと琉球新報の2紙に洗脳されちゃってるのかと思ってましたが、「八重山日報」の快進撃を聞くと、そんな事はないのかと思い直しました。

洗脳されて大人しいのかと思ってたら、うんざりしてただけなのかw

まあ、沖縄の左翼は怖いですからねぇ^^;

「おまえ○○さんとこの息子だろ」
「オマエの奥さん知ってるぞ」
「おまえの子供がどこの学校行ってるか知ってるぞ」

そう言って脅されるので沖縄県警の人員は左翼集団に対して使えないと聞きますからね。

「八重山日報」も、そんな土地に殴りこむのですから相当な覚悟なんでしょう。

記事でも「八重山日報への露骨な妨害行為」
沖縄タイムスの読者局が4月3日、販売店に「重要なお知らせ」と題した「八重山日報の配達禁止」を通達したという。

そんな事があるみたいです。

ですがここは是非、八重山日報には頑張ってもらって沖縄を変えて頂きたいですね。


奴が現れた!(蚊)

今年もついに奴らが現れました。


布団に潜り込んで寝ようとすると耳元で、

プーーーーーーン

とてつもない安眠妨害です。


無視して眠ろうとすると、

プーーーーッ・・・・・・・・

うをおおぉぉぉ!!どこに止まりやがった畜生ぉぉ!

そんな感じで布団から跳ね起きる事もあります^^;

今年も早く虫除けスプレーを買わなければ・・・

寝てた

ここ数日、昼間も夜もずっと睡魔が襲ってきてて辛かったです。

お仕事から帰ったら、

風呂 → めし → zzz・・・

まったく遊ぶ事もせず、次の出勤時間まで10時間以上寝まくりです。

風呂とご飯も睡魔と闘いながらなんとかこなしてました。

偶数日更新してたブログもすっかり忘れてました^^;

しばらく続くようなら病気(脳関連)などを疑うところでしたが、今日は睡魔もなく頭の中スッキリです。

良かった^^;

普段は睡眠時間少なめ(4時間くらい)で生活してたのですが、
歳を取ってくるとそういう無理が出来なくなってきたって事かな?

これからは、もう少し睡眠時間を増やそうと思います。

だけど、夏になると寝苦しくて睡眠時間短くなりそうな気も・・・w


高齢のお客様

大多数の人にはどうでも良い事かもしれませんが、
私には興味深いというか日頃から薄々感じてた事がネットニュースで記事になってました。

-------------------------------------------------------------------
日本の高齢者は、なぜこうも「不機嫌」なのか
 世界中に「怒り」が蔓延する中で、特に最近、日本で話題になるのが、キレる高齢者だ。
駅や病院などでの暴力、暴言、犯罪などが取りざたされ、高齢者に対する若い世代の反感の声が強まっている。
まさに、世代間闘争の様相を呈しているが、なぜ、日本の高齢者は「不機嫌」なのか。そこに処方箋はあるのだろうか。

 気がつくと、確かに、身の回りでも、頑迷で不機嫌なお年寄りを見掛けることが多くなった。
筆者も先日、こんなシーンを目撃した。
電車内で、やや足を伸ばして座っていた若い女性に対し、途中から乗ってきた高齢の男性がその足を軽くたたき、「邪魔じゃねえか」とキレ、つかみかかるようにして声を荒げた。その後、その女性も負けじと「あんた、触ったでしょ」と応戦、すさまじい言い合いバトルに発展した。高齢男性にとっては、その反撃が意外だったようで逃げるように降りたが、女性が猛然と追いかけていく展開となった。

別の日には、バスの中で、子供が泣いているところを母親が必死であやしていたのだが、後ろに座っていた老夫婦が顔を見合わせ、「ああいうのは親が何とかすべきだよねえ」などといらいらしながら話しているのを聞いた。

続き → 東洋経済ONLINE
-------------------------------------------------------------------


私は深夜コンビニで楽しく働いてますが、やっぱり苦手なお客様というのはいます。

一番苦手なのはヤクザやチンピラみたいな人ですが、
同じくらい苦手なのが70歳を越えてるくらいの高齢な方です。

ほぼ「俺ルール」で生きてるので、どこに怒りスイッチがあるのか皆目見当がつかないのがとても困るのです^^;

特に、「お店」というものに対する認識がバブル以前のままの人が多いのが問題です。

経営者と従業員が家族のように固い絆で結ばれてて、
全員が一丸となってお店を盛り上げている


そう思われてるので疲れます^^;

例えば、

・商品を買えば店の人は喜んでくれる(と思ってる)
実はそんな事はないです。
雇われてる人間は出来れば楽して稼ぎたいので、短時間に何度もレジに来られても面倒なだけで嬉しくなかったりします。
それなのに「これも買ってやる」みたいな態度で「これだけ買えば店員も機嫌が良いだろ」とドヤ顔して話しかけられたりすると・・・そんな時に嬉しくなさ気な態度がちょっとでも出るとトラブルになるので機嫌が良い振りをしなければならないので通常より疲れます^^;

・店のためなら何でもする(と思ってる)
実は店のためには何にもしません。
自分のために店に従っているので、店で出来ない事はしません。
現在入荷できないものを別の業者に発注とかしませんし、発注制限のかかるような人気商品を必死に制限以上入荷しようとはしません。


他にも色々ありますが、
頑固な高齢者の独自ルールには従ってないと即トラブルなので、ご近所のそういうお方のお顔は覚えましたw


数年前のTシャツ

季節の変わり目なので服を整頓してのですが、奥から数年前に着ていたTシャツを発掘しました。

色あせているので捨てるのは決定ですが、なんとなく着てみました。

縮んでいるのか?すごく小さく感じました。

しかし原因はすぐに判明。

腹部分がパッツンパッツンですw

腹がシャツ全体を引っ張ってしまっているため小さく感じてしまうんですね。

私の腹、育ちすぎですw

Appendix

プロフィール

ys

Author:ys
40オタクの日々を寂しく綴ってます。
意外にオタク話が少ない?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
18位
アクセスランキングを見る>>

広告

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ